相談の進め方(住宅の新築や改修の場合です)


まずは、お会いします

  • すまいの計画や、相談ごとなどについてお伺いします
  • なにかまとまっていれば、メモしてみてください
  • 現地のようすをしらべます。
  • このときに敷地の図面などがあればお持ちください

はじめの提案をします

  • 計画のおよその内容が分かるようなような図面などを提案します
  • 平面図や立面図、改修の方針や概要など、必要なもの
  • 計画や相談にたいする提案としてふさわしいか、話し合います
  • ここまでは費用はいただきません

相談を続けるかをお互いに確認します

  • 引き続き進められそうであれば、次の設計や計画に進みます
  • この段階で、業務委託契約をむすびます
  • 委託金をお願いします(新築の場合:10万円  リフォームの場合:5万円)
  • この費用は設計監理契約が成立した場合は設計監理料に充当し、不成立の場合は返金出来ません

計画を進めます

  • つぎの計画案を提出します
  • 合意ができた場合は、つぎに進みます

設計契約をかわします

  • 建築設計監理契約を結びます
  • 工事費の10%を目安として下さい、改修や工事費の低い場合は料率が上がります
  • 設計監理料の30%をいただきます

基本設計をおこないます

  • 新築の場合は、平面図、立面図、断面図、仕上表などを作成します
  • 内容について、打合せ、話し合いをおこないます

実施設計をおこないます

  • ひきつづき、工事見積が出来る実施設計の作成に進みます
  • 詳しい間取りや内部の仕上げ、家具なども決めていきます
  • おおよそ、2週間に1回程度打合せを重ねます
  • 実施設計の完成で、工務店に見積依頼をおこないます
  • この時点で、設計監理料の30%をいただきます

工事請負契約に立ち会います

  • 工務店の見積金額を調整し、請負契約を結べるようにします
  • つぎは、工事着工です

工事の監理業務をおこないます

  • 着工後は、週に1回程度現場での監理をします
  • 建て主さん、工務店、私たち設計のトライアングルで良い建築をめざします
  • 上棟時(建物の骨組みが出来たとき)、設計監理料の20%をいただきます
  • 工事完了後、竣工検査をおこないます

設計監理業務をすべて終了します

  • 終了時に、設計監理料の追加精算をおこない、残金をいただきます
  • お会いしてからここまで、新築の場合ではおよそ1年ほどかかります
  • 竣工後も定期点検や、お家のようすなどを見にうかがいます