駅近くの住宅地の中に建つすまいです。たくさんの家族のための収納を1階にたっぷり取り、2階はLDKのワンルームになっています。

京都の京北の木をふんだんに使い、ロフトの床は建て主さん自らが貼っていきました。湿度をうまく調整する無垢材のおかげで床や室内は梅雨時でもさわやかな感じがします。

家全体が大きなひとつの空間になっていて、太陽で暖められた空気が家の中をまわっています。

 

 

 

 

 

 地域産材

ソーラーハウス

建て主参加