無垢の木と暮らす

無垢(むく)の木とは、合板や集成材のように、接着剤を使わず木を伐りだして乾燥させた木のことです。杉や桧、松などの針葉樹は主に建物の構造などとして、栗やナラ、銀杏などの広葉樹は家具としても広く使われています。

少し反るかもしれません。少し縮むかもしれません。しかし、それをカバーするのが木をよく知った設計者や大工さんなどの力です。