創業は平安時代と伝わる、建物は江戸時代からの茶店です。

 

大きな松を中心に複雑につながる、三棟の建物を耐震改修して、さらに長く安心して使い続けられるよう、伝統の技と新しい知恵が吹き込まれました。

 

経年で傷んできた柱の脚下は根継ぎをし、二階の床は構造補強をしつつ今までの意匠を損なわないように新たな柱も付け加えました。

建物の真ん中には平安時代からと伝わる深井戸があり、その上にある客席床も補強しています。

 

 

 

 

 

耐震改修


Headline 2