音楽室

住宅の中での音楽室というと、防音のことばかりを考えがちですが、音が気持ちよく響いてこそ、音楽のための部屋です。
限られた空間では、遮音と吸音のバランスをとって、音の響きのない空間になってしまわないように、することも大切です。響きすぎる場合は、吸音ボードなどで調節することもできます。
この写真の音楽室は、プロの演奏家のための練習室です。2台のピアノの時、古楽器の演奏の時など、その時々の音質や音量によって、うまく調節しながら使っておられます。
内部の壁や天井に変化をつけ、京都花脊の杉のルーバーが音の反響をおさえています。また、天窓や窓も沢山あって、ホールのようにきちんと閉じられてはいませんが、住宅の雰囲気を感じられるようにしています。

 練習室

木製ルーバーと天窓